上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
Aさん、拍手コメントありがとうございます。今号の表紙はなかなかユニークでもありましたよね。岡部とか、もう描かないとかおっしゃってたんですか?岡部、ルックス的にはアレですけど、すきなキャラクターなんですよね。猫好きな清水先生の面目躍如といった今回の内容、本当にほっと一息つけるお話でしたよね。次回は新作らしいので、これからいつまた「秘密」に会えるのかわかりませんが、こんなアットホームで優しいお話なら大歓迎ですよねvvv薪さんと鈴木のシリアス・・・読みたいですけど、ちょっと怖いかも・_・

ともあれ、Aさん、いつも感想ありがとうございました。描く励みなりました。心からの感謝を。
スポンサーサイト
2013.08.17 Sat l 原作「秘密」感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
いやあ、表紙がお姫さまを守る騎士二人なんてね……vv

今回は日常的な第九のエピソードというか。

猫騒動ですがね。

被疑者のマックロクロスケが動物訓練を受けた猫ではないか?と本気で語る、薪さんがなんとも萌えですねvvv

青木が聞こえないふりをするところなんか、ホントにいいコンピだと思います。

そして、気の毒なのが曽我ですよね……。

まさか用を足しにいってる間に、トロアジとデータを盗まれるとは。


でもなんでクロスケはデータを持ってったのでしょうか?

新型のおやつにでも思ったのかな?

青木が曽我をフォローしつつも、その真実を明らかにしようとしているところなんか最高にらしくて面白かったっです。

結果、データは無事発見され、曽我はクビがつながりましたが、MRI捜査と書類をまかされて、うれしそうな曽我をみると、やっぱり薪さんはすごいなと思いました。

ラスト、青木とふたりで、母親猫がいた場所をたずねて語り合うところも第九の日常を見てるみたいで萌えでした。

それにしても、銀座松屋でやってる北海特選ウニイクラ丼はないでしょう(笑)。


隣で苦悩している青木がなんとも……。

おまけに猫に訓練をつけることは不可能とありましたが、まじめに取り組む滝沢がイイ味だしてますよね。


「秘密」の連載はこれで終わりでしょうが、最後にこんなコミカルなお話を読むことができて、後味スッキリでした。

願わくば、こんな和やかな(?)第九がずっと存在し続けてくれますように。

いずれみんな第九を離れても、薪さんとすごした日々を心にとどめておきますように。

連載されることのなかったエピソードが、こんな風にやさしさに満ちたものでありますように。

たくさんの願いをこめて、今回の「秘密」をよませていただきました。

2013.07.10 Wed l 原作「秘密」感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
Aさん、拍手コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m。私的にいろいろありまして……。いつもコメント楽しみにしております!

薪さんの笑顔って本当に心休まりますよね!鈴木の存在がそうさせたのなら、本当に鈴木って人好きのする立派な友人ってことになりますよね。でも、友人だったんだけど、実は……な気持ちがあったのも隠された事実ですよね。それでも、あんなに楽しそうに他の人達とも話せるようになったのはまぎれもなく鈴木の鈴木の一言からだと思います。薪さんにつくしちゃってるとまで言われる鈴木。本当にいい友情関係だったのだと思います。

青木は今後、薪さんと家族のような存在になりたいと送らなかった手紙にかいてありましたよね。ひとまわりもふたまわりも大きくなって、薪さんを包み込めるような存在にまでなれるとたいしたものだなあと尊敬してあげようと思います(笑)。

これを書いている時点ですぐ8月号が発売されますよね。特別編が今回のような優しい内容であってくれたらなあと思います。

梅雨本番という天気の毎日ですが、体調には充分お気をつけて、来月号を楽しみに待ちましょうねvvv
2013.06.27 Thu l 原作「秘密」感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
えーと、書くのが遅くなってスミマセン。ちゃんと発売日にメロディ読んだんですよ。

で。

なにこれなにこれなにこれ~~~!!!!的な終わり方でvvv

薪さんがどれだけ鈴木を好きだったかがわかって、本編で彼を殺したことがトラウマになってるのがいまさらながらすごい理解できたというか。

鈴木という友達を手にいれた薪さんのあの笑顔。

泣いていいんだと鈴木の前で涙をこぼす薪さん。

薪さんが「眠らない・食べない・喋らない」の最終段階に入ると鈴木さんのギアが6速に入るという……なんて名セリフをさらっと脇役にいわせたりして、もう~~~どーすればいいの~~~vvv(ってどーしよーもないですけど)。

えらく高くついた深夜料金だけど、仏頂面の薪さんのあんな笑顔がみられるなら、多少の無理もなんのその、100%の笑顔ですものね。

薪さんにとっては、あんな親でもたった一人の父親だったのに、その彼が義理の両親を殺したという重い事実はあったものの、ひとりで背負わなくていいんだよ。と、鈴木が教えてくれたんですものね。

そうそう表紙の薪さんもカラーでカッコよかったっす。

とにかく今回の「秘密」はひさびさに読んでてよかった~vvっていう内容で、ほっとしました。

青木が鈴木レベルまで、薪さんの心の支えになってくれることを願ってやみません。

2013.05.08 Wed l 原作「秘密」感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
Aさん、いつも拍手コメントありがとうございます。お返事がおくれて大変申し訳ございませんm(_ _)m

たしかに、あの澤村父が薪さんの父親というのが、ちょっとがっかりしますよね。

その後、薪さんが薪俊夫妻のもとで、幸福に暮らしていたというのが、ホントにこの秘密の世界での救いになっていると思います。本編での薪さんの手放しの微笑いなどなかったに等しい世界でしたものね。彼が幸福というものを知っていたというのは、本当に驚きであり、胸のあたりにほっこりするものがあります。いつも思いつめた表情をみせていた薪さんに幸いがあったのは嬉しい過去です。

鈴木とはたぶんこの事件のあと、親友になっていくんでしょうが、おっしゃる通り、未来の悲劇に繋がっていくというのは残念な事実ですよね。

でも、薪さんの隠れた部分に触れた鈴木は、薪さんにとってなくてはならない存在になっていくんでしょうから、その短い期間だけでも親友として良き関係を築いていてほしいです。

今回の「秘密」は、本編にはなかった薪さんの幸せを描いていて、それだけで嬉しいみるくです。

本当に、薪さんは孤独な一直線の人生ではなかったということがあらわれて、初めて「秘密」を読んでてほっとできた一編だったなあと思います。


2013.04.06 Sat l 原作「秘密」感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。