上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
拍手のお返事です。

Rさん、週Jでは、他にはワンピースですね。ナルトはアニメでたまーにみてました。でもサスケの故郷が全滅したのは、彼の兄のせいだったけど、そのサスケだけが助かったのは、兄が彼を好きでたまらなかったのだ・・・みたいなエピソードのところだけは本誌で読んでました。カカシ先生いいですよねー。カップリングはできませんが(苦笑。イチルキ好きになってからBLが駄目になってしまいました)、単体でカカシ先生もダイスキです。


Tさん、記憶の迷路よんでくださってありがとうございます。秘密とはだいぶ内容がちがうので驚かれたのではないのか、と心配してます。あそこでは、ここではいえないことを言いたいほうだいに書くために作ったので、よりわたしに近い内容になってます。ブリーチはですねぇ・・・。もう作者の考えについていけないというか・・・。年上の女性ファンにそんなふうに思われる原作者の気持ちってどうなんでしょうね・・・。「秘密」は、最後のどんでんがしにちょっとだけ期待してるんですけどね・・・。スルーして青木と雪子の結婚式でおわったりしたら、「秘密」のコミックを壁に投げつけることになりそうで怖いです。笑。
スポンサーサイト
2010.06.13 Sun l 「秘密」の小話 l COM(0) TB(0) l top ▲
えと、先日、アニメのアンケートをみたら、ぽちぽちと増えていまして、コメントもいただいてましたV

アニメのアンケートはつい見過ごすことが多いのですが(すみません)、投票してくださった方、コメント入れてくださった方、ありがとうございました。

「改造」の回でのコメントが意味深で、ちょっと気になりました。

圧倒的に、「来訪者」が多いですが、一票ずつ入っている回(「犠牲」とか「赤いハイヒールの女」とか)のコメントに、それぞれの方のアニメ「秘密」の思いがこめられていて、なるほど~と感心しながら読ませていただいてます。

2010.05.24 Mon l 「秘密」の小話 l COM(0) TB(0) l top ▲
前回の「秘密」の感想に拍手、コメントありがとうございました。どういう方向にいくにしろ、薪さんが「夢の蕾」(レミオロメン)を、もう一度、心の中で芽吹くことができますようにと、一ファンとしては願ってます。

さて。今回はお礼の記事です--------------------------


いつのまにか5000HITまできてました‥‥。

アニメのレビュー後はカメのようにのんびり更新してるこのブログが、いつのまにか5000HITを超えていました。本人もびっくりっす。あんまり、たいしたこと書いてないのに、遊びにきてくださったかたがた、本当にありがとうございましたm(_ _)m

これからも、のんびり更新していければいいなあと思ってますので、よろしければ、おつきあいくださいねy(o^-^o)y


以下、ちょっと過激なトークなので、清水先生ラブvvのひとは、読まないほうが賢明だと‥‥(^^;ご、ごめんなさいm(_ _)m 。
2009.02.02 Mon l 「秘密」の小話 l COM(6) TB(0) l top ▲
アニメ「秘密」も、いよいよ佳境にはいってきましたね。

みなさんは、どの回に心にのこったものがありますか?よろしかったら、投票してみてください。

コメントを読んで思ったのですが、リアルタイムでアニメ「秘密」をみれなかったひとは、これからDVDで、視聴なさるのですね……。DVDは特典映像もついてくることだし、ちょっと時期がおそくなっちゃったけど、楽しみも増えますよねvvただ、わたしは、正直、そこまで、手を伸ばせる余裕がないのですが。

思えば、たまたま、現在、わたしは、関東圏にすんでいるので、幸運にも(一時期をのぞいて)リアルタイムでみることができたのですが。そうでなかったら、まず、この作品のことは気づきもしなかっただろうなあと思います(わたしは、アニメ第一話をみて、『あれ?これ、清水玲子の??』と思って、本屋へ行って、コミック読んで、ハマった人間ですので)。

そんなこんな意味を思って、一度、こういうのもつけてみようかな?と思って、投票フォームをつけてみました。ただ、何度もかいてますが、わたし、基本的にこういう操作に弱いので、うまくいかなかったら、ごめんなさい……m(_ _)mなんだか、たよりないっすね、すみません……。
2008.08.26 Tue l 「秘密」の小話 l COM(8) TB(0) l top ▲
もうすぐメロディ本誌の発売日ですね。今回は、過去編で、しかも岡部がメインみたいなので、ある意味では安心して読めますね。青木が出てこないのが、淋しいようなホッとするような。案外、大学時代の青木と道ですれちがったり……(^^)

ただ、前号で、第九のスパイみたいな役を命じられた岡部が、鈴木のことで苦しんでいる薪さんの、真実の姿を上に報告するのか否かというところが、気になります。岡部はどちらを選択するのでしょう……。

ところで、いまだにアニメ第二十話の衝撃が続いてます……。おそらくほとんどの人は、なんの心の準備もなく、いつものように「秘密」のアニメを見ていたら、アレがはじまっちゃったんじゃないでしょうか。せめて、それっぽい情報が前もってあったら、もうちょっと、覚悟みたいなものができてたかもしれませんよね。

わたしも、コミックス第四巻ラストの話は、アニメで放映するのかな?もし放映してくれるなら、ラストの回かな?くらいは思ってました。でも、まさか、あそこではいるとは思ってもみませんでした。

少々落ち着いて考えれば、ドラマ的にあの場面を挿入するとしたら、あそこしかなかったかもしれないと思います。でも、あの場面をいれて、どうアニメ的に決着をつけるつもりだろうとは思います。

衝撃の映像を、原作にあるからと放映して、それで知らん振りってのも、ひどいですよね。これだけファンに動揺をあたえたのですから、アニメなりになんらかの結論は出してほしいな、とも思います。で、でも、あんまり変な終末をむかえるのもつらいので、もう、そっとしておいたほうがいいのかな、とも思います。……、まだまだ、ゆれてますね……∩(*_*)∩。

それから、前3回のブログに拍手くださったかた、コメントそえてくださったかた、ありがとうございました(*^_^*)

とりあえず、現在の段階で、お返事できるかたへ。

コメントそえてくださったかた、様子が目に浮かぶようです。本当に衝撃的なラストでしたね★☆最近のアニメってあなどれない……。あの場面を、そういうふうな考え方もあるのかと思いました。そのアイディアで一つ物語ができそうですね。「秘密」のなかの最大の「秘密」は……!!とか。メロディ本誌も発売が近づいてきて何かと気ぜわしくなってきましたね。「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、盛夏のころにくらべれば少し過ごしやすくなりました。お互い体調には気をつけて残暑をのりきりましょうね。

>コハルビヨリさん。うれしい一言、拍手とともにありがとうございますvv文章書きにとって、ホント、励みになる一言です(#^_^#)

>あみりんさん。あのラストはまさにファンにとって激震でしたね。驚かなかった人がいるのかと思うくらい、みなさん、ショックをうけていらっしゃるみたいだし(^^;わたしは、やおい歴二桁の人間だけにある意味、慎重になる部分もあるんですが(苦笑)。いっちゃって、OK??(笑)
2008.08.22 Fri l 「秘密」の小話 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。