上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
おひさしぶりです、みるくです。

おかげさまで、現在、娘は退院し、通院にきりかわりました。

ただ、わたしのほうが、体調を崩してしまい、病院に通っているありさまです。

正直、ブログに関しては「休みたい」というのが本音です。

また、今回のことでは、義母、実母ともに大変世話になり、わたし自身も、もう少し自分の生活を立て直したいとの思いがあります。

諸事情を考えて、しばらくお休みをしようと思います。

ただ、たくさんのあたたかいお気持ちをいただいた、そのお礼だけはしたかったので、更新しました。


yukiさん、こゆうさん、かのんさん、コハルビヨリさん、あみりんさん、拍手にコメントをそえてくださったかた、23話の感想に対するコメントありがとうございました。

かのんさん、コハルビヨリさん、あみりんさん、拍手にコメントを添えてくださったかた、娘へのお気遣い、とてもうれしかったです。ありがとうございました。つらいときは、みなさんのコメントを時々眺めさせていただいてました。

お一人お一人にコメントできずに申しわけありません。いただいたご好意に心から感謝します。


最後になりましたが、留守中にたずねてくださったみなさま、ありがとうございました。


スポンサーサイト
2008.09.26 Fri l 日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
突然ですが、娘が入院しました。

申し訳ありませんが、いったん、すべての更新をお休みさせてください。

たくさんの拍手、コメントをいただいたのに、お返しができず、本当にすみません。

……この先のことも、いまのところ、なんともいえない状況です……。

本当に、本当に、ごめんなさい。
2008.09.12 Fri l 日記 l COM(3) TB(0) l top ▲
「みずいろの猫」管理人こゆうさんと相互リンクさせていただきました。

こゆうさんのブログは、おちゃめなイラスト(これが、特徴をつかんでて、すっごくイケてるんですよ。笑)とカッコいいイラストがありますvv絵が書ける人はいいなあと、毎回、思っちゃいます。レビューは、こゆう節にハマること間違いなしの面白さです。

わたしがブログはじめた初期のころから、よく遊びに行ってました。レビューだけでなく、FC2のシステムにかんしても、教えていただいたことがあり、本当に大切なブログです。

こゆうさん、こちらこそ、よろしくお願いします(*^_^*)
2008.09.10 Wed l アニメ「秘密」感想 l COM(1) TB(0) l top ▲
たくさんの拍手、ありがとうございました。

コメントそえてくださったかた、一文字、一文字、心に染みました。同じような体験をしているかたがいらっしゃるのだなあと何ともいえない想い、なつかしい痛みが走りました。本当にわたしがお礼を言わなきゃと思います。ただ、わたしは、もしかしたら、あけてはならない「パンドラの箱」をあけちゃったのかもしれないと、いま、ちょっと……、ゆらいだものがあるんです。
ともあれ、日記をよんでのいただいたコメント、本当にうれしかったです。心からの感謝を(*^_^*)。ありがとうございましたm(_ _)m。

こゆうさん、わたしのブログでよろしければ、どんどんリンクしちゃってください。こゆうさんにも初期のころからお世話になっていますもの、喜んでお願いしますvv文字ばっかりしかないブログですが、今回のこゆうさんのコメントいただいて、とってもうれしかったです(#^_^#)わたしも、もう岡部しいない!と思ってるひとりですvv
しかし、FC2のシステムはどうも???なときがありますよね……。こちらも相互という形でリンクしますので、待っててくださいね(*^ー^)ノ☆
2008.09.10 Wed l アニメ「秘密」感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
あらすじ---------------------------------------

第九メンバーが薪のいないまに、ケーキを食べている。このケーキ、有名なお店のなんですよ、おいしい。なごやかな雰囲気のなか、あらわれる薪。ばつの悪そうなメンバ―に向かって、

「岡部、ひげに生クリームがついてるぞ」

ラブホテルで男女の死体が発見された。女性はすでに死亡した状態で運び込まれ、男性は頚動脈を切っての自殺らしい。マスコミがさわぎはじめているので、委員会がMRIにかけるよう判断したという。

天地と青木が担当になり、さっそく男性の脳をMRIにかける。男性は「これはあの悪魔に対する最後の抵抗だ」といって、頚動脈を切っていた。脳をさかのぼると、女性が脳の手術を受けるシーンがみえてきた。ところが、そこへ長嶺から天地へ連絡がはいる。

ふたりが通された部屋には、脳医科学研究所所長の七瀬彰子がいた。

彼女の説明によると、研究所には、診療内科病棟があり、日常生活に問題をかかえた青少年を保護し、治療しているという。ラブホテルで死んだふたりは、研究所にいた患者で、女性の患者は事件の4日前に病死。彼女は脳のドナーカードをもっていたため、脳の摘出手術をおこなった。男性患者のほうはドラッグ中毒者で、手術室から女性の遺体をもちさった。病院でも、行方をさがしていて、迷惑をかけたと詫びる。

「猟奇殺人でもなんでもない。ゆえに捜査は終了だ」(長嶺)
「脳をひきとらせてください」(七瀬)

だが、納得できない天地は反論するが。

「第九の仕事は捜査の名を借りたのぞきよ」(七瀬)
「書類の手続きはすんでいる。脳をお返ししなさい」(長嶺)

七瀬所長の亡くなった父親は日本の精神疾患のパイオニアで、政財界にも通じていたらしい。今回もそのツテを通じて上層部に手をまわしたと岡部は、第九メンバーに語る。

その時、みちるが天地だけを研究室へとつれてくる。

実は、回収されるまで、脳のデータのコピーをとっておいたのだ。そのなかには、妊娠した女性と保育器のなかにならべられた乳児たちがうつっていた。乳児たちの足には番号がつけられていた。そして必死でその部屋のガラスをたたく男性。

翌日、天地は休暇をとった。だがその日の夜遅く、休日をとったはずの天地は出勤し、のこっていた青木と軽い雑談をかわす。かれの亡くなった父親の話をする青木と天地。

「青木さんっていいひとね。あなたと結婚するひとは幸せでしょうね」

ところが、その翌日、研究室の前にキャリーケースがおかれていた。出勤してきた第九メンバーが不審がるなか、薪がキャリーケースをあける。そこには冷凍した脳と、「SEARCH MY BODY」というカード、そして天地の写真がはいっていた。

検死の結果、脳は天地のものだった。同僚の悲劇に動揺をかくせない第九メンバー。薪はかれらを叱咤する。

「まだ、天地は生きているかもしれないんだ。送られてきたのは大脳だ。生命に必要なのは小脳と脳幹だ。天地のからだは小脳と脳幹だけでいきているかもしれないんだ!一刻もはやく天地の脳をみて、天地の身体をさがすんだ」

天地の脳には車椅子に乗った老人と、メールを読む場面があった。
メールには、「この女はスケープゴートだ。二人目を出すな」とある。
天地の意識はそこで途切れていた。

田代と長嶺は、「マスコミへの情報管理を徹底しろ」と薪へ指示する。

その薪は長嶺に「脳医科学研究所と第九はどんな関係があるんですか?」「失踪前に天地が調べていた事件が途中でいきなりうちきりになるのは不自然だ」と問いただすが、長嶺は「書類もそろっていたし、あやしいところはない」とにべもなく言い放つ。

天地の死の12時間前の映像に、野中弁護士とあう場面があった。
施設にいたときの天地の写真をさしだす弁護士。天地の父親は、天地を捨てたのではなく、事故で足が不自由になり、働くことができず、母親が天地をひきとったのだという。その父親の余命はいくばくもなく、最後に父親が天地に会いたがっている。もし会う気があるなら、明日ここへいってくれと話していた。

その後、出勤した天地と青木の会話のMRIをみて、みちるは「天地さん、青木さんが好きだったんですね……」とつぶやく。感傷にひたる曽我とみちるに「弁護士の名詞をプリントアウトしろ」と岡部が、強く言葉を放つ。

捜査を開始する岡部と青木。天地が行方不明になった公園で最後にあった車椅子の老人は、近くのホスピスの患者だった。しかし、その患者の高田も天地とあった日以後、出かけることができなくなってしまっていた。つきそいの看護婦は天地の写真をみても心当たりはないと答える。

だが、捜査が進む中、ついに事件がマスコミに流出し、明るみに出てしまう。

田代と長嶺は薪を呼び出し、最悪の事態になったと告げる。
「第九の存続にかかわる。なにより警察の威信にかけて、この事件を即刻解決しろ」

第九メンバーが、研究室内に集まっている。田代と長嶺、薪の会話に対して、

「どういうことですか?」(青木)
「つまり天地はウソの情報でよびだされたってことだ」(岡部?)

自分が父親の話をしたせいで天地が事件に巻き込まれたと青木は自分を責める。みなが天地に思いをよせるなか、

「天地の脳のなかに真実はきっとある。脳をさかのぼってみるんだ」
薪の言葉が響き渡る。

その第九のメインスクリーンには、いま、まさに天地の事件のニュース速報がながれはじめた。

言葉もなく見つめるメンバー。だが、薪はきっぱりと断言する。

「一刻の猶予もない。天地のためにもなんとしても犯人をつかまえるんだ」


-------------------------------------------------------------以上。


最初、オリジナルでいくのかな?と、ちょっとだけホッとしたのも、つかの間でした。


わたしはアニメの天地が大好きでした。


アニメの天地は、原作とちがって、青木の先輩だったね。まだまだ新人だったけど、第九にみあう能力があるのか自分でも不安をもつなか、仕事に誇りをもち、精一杯がんばっていた天地。

おっちょこちょいだったけど、青木とよく組まされて、天地なりに仕事では青木をリードしてたよね。

天地のおかげで解決できた事件もあったね。あの時、薪さんにもほめられて本当にうれしそうだった。

青木とデートもできたよね。曽我もいたけど。苦笑。年頃の女性らしい一面もあったし。

加害者にたいしても被害者にたいしても、「心」から捜査に入っていった天地。

あなたの人生はまだまだこれからだったのに。

無残にも途中で切り取られてしまった。

天地が最期にみた夢が、天地にとって幸せなものでありますように。

たとえそれが、かなわなかった幻でも。


感想かくのがつらいので、あらすじをいつもより力をこめて書きました。


せめてもの天地へのたむけに。
2008.09.10 Wed l アニメ「秘密」感想 l COM(5) TB(1) l top ▲
「ふゆ~気ままに」管理人はやぶささんと相互リンクさせていただきました。

はやぶささんもイラストを描かれる素敵なサイトです。わたしは文字オンリーなので、絵を描けるひとはそれだけですごいなあと思います。だって百の文字をつづっても、ひとつの絵で全部語れちゃうってことありますものねvv

これからよろしくお願いします☆★


ここからはお礼です。

たくさんの拍手、拍手にコメントそえてくださったかた、ありがとうございましたvv

拍手にコメントそえてくださったかた、23話の天地のことを考えると「思い出がほしいのよ」と今回青木につぶやいた彼女がとても切なかったです。曽我のKY(空気を読めない)は原作とおんなじですよね(苦笑)。岡部の奥さんの赤いハイヒールがなんとも……。原作での薪さんと岡部の出会いを読まされたら、あれは邪道だー!と思ってしまう腐女子なみるくでした(^^;しかし奥さん美人だったですね。岡部にあんな美人な奥さんがいるってところが男性ファンにはたまらないんでしょうね……。どうも、蒸し暑い日々がつづいてますね。体調には十分ご注意くださいね。


ここからは、日記ですので。




2008.09.08 Mon l リンク l COM(4) TB(0) l top ▲
今回は小池が出たよ~♪という回でした。

かんたんなあらすじ------------------------------------------------

冒頭、ある少女が男と腕を組んで歩いている。季節は夏まっさかりだ。

第九メンバーは思い思いの休日を楽しんでいた。みちるはゴロ寝、薪さんは射撃練習場、岡部は奥さんと食事、曽我、天地、青木は遊園地、システムのメンテナンスをする小野木田。

「よーし、完了だ。これで試運転用の脳があれば」
小野木田のもとへ長嶺がやってくる。

「この脳で試してみろ」
それは教師をメッタ刺しにした生徒・高橋のものだった。普段はおとなしい彼が突然凶行におよんだという。

「ところで以前、システムが破壊されたあと復旧作業にたずさわったのは誰だ?」(長嶺)
「俺とジョン・コンシダインという男ですが」(小野木田)
「その男はいまどこに?」(長嶺)
「さあ?」(小野木田)
「捜せ」(長嶺)

長嶺の持ってきた脳をMRIにかけると、高橋が教師を刺殺した場面と、かれが爆弾をつくっているところが出てきた。

設置場所は、偶然にも現在、青木たちがいる遊園地。高橋はそこでアルバイトをしていたのだ。

ただちに第九メンバーに連絡がはいる。

射撃練習場にいた薪のもとには小池がやってきていた。
「室長、薪室長まってください」
第九のメイン室まではいりこんだ小池は、長嶺にも猛烈に、第九メンバーになりたいと志願する。

遊園地では岡部も合流し、避難がはじまっていた。だが、ジェットコースターは途中でとまってしまい、観客の避難が遅れていた。

みちるも第九に出勤、脳のMRIを本格的にはじめる。爆弾の爆発時間は、あと2時間。

高橋が爆弾を設置したのは、ジェットコースターについている人形だった。いそいで遊園地にいる3人に連絡。すでに避難は終了していたが、そこへ母親が「娘がジェットコースターに忘れ物をしたといってとりにいったんです」とやってくる。

あわてて、青木と岡部が戻るが、爆発の時間がせまっていた。

コースターで少女を見つける青木。カウントダウンはきっている。逃げ場はない。

だが、その瞬間、爆弾の爆発はなく、花火があがっていた。

結局、高橋はガールフレンド(冒頭の少女か?)が教師におそわれているところを助けようとナイフで教師を刺したのであり、持っていたのはモデルガン(特殊部隊はそれも確認せず生徒を射殺)だった。

しかし、高橋は勘違いをしていた。ガールフレンドの少女と教師は恋愛関係にあり、これは高橋の一方的な思いのすえの事件だった。

爆弾とみえた花火は、以前、高橋は少女と遊園地にきており、少女にプレゼントしようと設置したものらしい。

その少女は、今回の爆弾騒ぎのニュースを街頭のスクリーンでききながら、また別の男性と腕をくんであるいていた。

------------------------------------------------------------------以上。

ついに、小池がでました!!

わたしは、脇役のなかでも、この小池がスキなので、最初はずされたときは淋しかったのだけど。薪さん、つめたいの。笑。

「俺を第九にいれてください」(小池)
「誰だ、こいつは?」(長嶺)
「知らん。勝手に着いてきた」(薪)
「勝手にって、おい、君は誰だ」(長嶺)
「わあ、これが第九のメインスクリーンかぁ。あ、長嶺警部。お噂はかねがね。わたくし本庁警備部に勤務しております、小池といいます。わたしを第九にいれてください」(小池)

……サイコー(^▽^)。大笑。長嶺もたじたじで小気味いいわあ。でも、めげずにがんばってる小池みてると、ちょっと原作を彷彿させて面白いです。小池が出てきたのは大歓迎なので、ぜひぜひこれからコミカルな部分をだしてほしいな。いま、第九にくわわると、青木の後輩よ、小池。

青木ももてますねー。天地とふたり、遊園地でベンチに座っていた時、天地が手をにぎろうとにじりよるも、青木がすすす…と逃げるんですね。天地、青木ってシスコンだから、かなり年上でないと無理っぽいよ~

薪さんが「青木が爆弾を探すような無理はしないだろうな」と心配してました。薪さん……。言葉がでないよ……。

話自体は、可もなく不可もなく。

ジョン・コンシダインという人物が名前だけでてきました。ラストの伏線かな?以前MRIが破壊されたときってのは、鈴木の事件のことだろうし。名前自体はちょっと、まちがってるかもしれません。聞き取りでそんなふうに聞こえたので。

メンバーの私生活がみれたけど。原作で岡部×薪でもりあがってるのに、冷や水かけるようなことするなよ―(><)と思ったり。岡部は薪さん一筋なの。これからずっと。←すっかり岡部×薪のみるく……(苦笑)

ところで、高橋少年の脳をみて、「いや、ちがう。この少女と教師は恋愛関係にあった」ってなんでわかるの、薪さん?教師を殺された少女が泣いて何か責めるような口ぶりをしていたから?読唇したのかな??それとも恋するもの同士の直感ですか???(*^_^*)

次週はいよいよ「SEARCH MY BODY」です。……天地ぃ(涙)。


あ!たくさんの拍手ありがとうございました(^▽^*)

……あの、ちょっと最近、時間とれなくて……。間違いが多くなっていて、すみませんm(_ _)m

せっかく読んでくださってるのに……。見苦しいところが多くて……ごめんなさいです。

追記


拍手にコメントそえてくださったかた。気づくのが遅れてすみません。(最近、謝ってばっかりね……しくりん。涙)

素敵な物語がかかれてあったので、わたしもつられてそちらの世界へいってしまいました(^▽^)
いいなあ。ふふふ♪鈴木とはどういう出会い方をしたのか、本当にみなさんが気になってるんですね。きっと現在のところ、ファンの数だけ、鈴木との出会い編があるんだろうなあ。学生時代ってのが、また、そそられるものがありますよねぇvvv(はっ、いかんいかん。どーもそっちへいくと、とまらなくなってしまう……苦笑)。プリキュア、わたしも最初はかれんさんがスキでしたよ。やっぱりカッコいいしvv子供にせがまれて、プリキュアのコスプレ服を買いに行くと(ミルキーローズ登場前)、かれんさんとうららちゃん(のぞみちゃんは主人公だから別格ですけど)はあって、人気が高いんだなあと思いました。

2008.09.03 Wed l アニメ「秘密」感想 l COM(10) TB(1) l top ▲
「小春日和」管理人コハルビヨリさんと相互リンクさせていただきました。

とっても楽しいレビューで、コハルビヨリさんの魅力があふれてるブログです。なぜか、わたしはここへいくと、間違いを一つはしてしまうという……(コハルビヨリさんのレビューがとっても楽しくて、キーをうつわたしの手もうかれてしまうのかもしれません。笑)。ホントにコハルビヨリさんにはご迷惑かけてますm(_ _)m

イラストも上手で、文字しか書けないわたしには羨ましいですv

以下、訂正しました。

えと、イラストは岡部のマスコット持ってる薪さんです。岡部×薪といえば、いま、一番の旬なふたりvv萌え心に火がつきます(#^_^#)ふふふ~♪岡部ったら、さりげにアピールするんだから~♪「いつもそばにいます」な~んてね~♪はっ、いかんいかん。そちらにいくと帰って来れなくなっちゃう……(苦笑)
2008.09.01 Mon l リンク l COM(2) TB(1) l top ▲
前回書き忘れたのですが。

岡部のセリフで。

「あんたがひとまわりでかいムサイ男で、俺が160の小男だったら」みたいなセリフがありますよね。

ということは、薪さんって、身長160センチなの??160センチであの華奢な身体なの???そんで、あの美貌??!!

(えーと、ここで、コハルビヨリさんがありがたいご指摘くださって、↓のコメントにもありますよう薪さん163センチだそうです。ううう、ついにやっちゃったなあ。自宅のどこにコミックスがかたづけてあるのかわからない状態なんですね、現在。綱渡りだわ~。汗。コハルビヨリさんありがとうございますvv)

それは……。腐女子じゃなくても、やおいがその……。いったい、どんな学生生活をおくってきたのか、ひじょーに気になるんですけど。やけに丁寧な口調になるのがクセなのも、なにか過去にそういうことがあってその影響が……。

鈴木とは幼馴染なのか、大学からのつきあいなのか。それまで、そーゆー目でばかりみられてた薪さんが、はじめて親友をもてたのが鈴木なのか。話、できますがな。いろいろ(萌え話題になると、口調が下品になるみるく。笑)

……ちょっと、どころか、すんごく気になるみるくです。アニメでは鈴木の話を伏線にするみたいだし、「A PIECE OF ILLUSION」の副題から、今度は鈴木とのエピソードも原作ではいるといいなあ、なんて。

それと、こういう出会いをした岡部にはいつ貝沼の万引き見逃しの話をしたんでしょうね。やっぱり岡部のことを信用するにたる人物とわかったからでしょうけど。田代は直接の上司だから、報告したんでしょうし。それに、こんな蜜月をへてるから、(岡部ならもっとちゃんとしたものができると彼の実力をみこんで)報告書をなげつけても平気とまで信頼してるんでしょうね。

やっぱり岡部しかいないよぉ、薪さん。←こればっかり(^^;


ここからはお礼です。

拍手くださったかた、コメントそえてくださったかた、ありがとうございましたvコハルビヨリさん、今度は間違えないよう、がんばります……。

コメントくださったかた、ありがとうございますvやっぱり原作の薪さんは美人ですよねvv「これからの二人を暗示する」っていい表現ですね♪ふふふ~ずっといっしょなのね~☆∩o∩☆やっぱり岡部しかいないよと感じさせたお話でした(*^_^*)ところで、プリキュアは人気ありますよね~。ごくフツーにみてるわたしはりんちゃんが一番スキです。いい娘だ~vv近頃は、寒暖の差がでてきましたね。これからは秋雨の季節です。お身体には気をつけてください。

もうおひとり、管理人あてにコメントくださったかた、プリキュア強し!ですね。大人が見てもおもしろいですし(#^_^#)最近、敵が強くなってきてるので、今度はミルキーローズにも新しい武器がほしいところです(……、と、プリキュアのほうが詳しかったりするわたし……。しょーがないですよ、毎日、みせられてるんだもん……苦笑)。わたしのブログでよければ、いつでも遊びにきてくださいね。読んでくださるかた、みなさんに感謝してます。いろいろなひとが「秘密」の感想をかいてらっしゃるので、以前はわたしも遊びに行ってたんですが、最近ちょっと公私ともいそがしくなってきまして……。汗。アニメの「秘密」はあと一月。これからどう終焉にむかうのか、楽しみというより不安な気持ちが多いみるくでした。

投票フォームに素敵なコメントがあって思わずうなってしまいました。薪さんファンのチェックってすごいなあ、靴下かぁ(=^▽^=)
2008.09.01 Mon l 原作「秘密」感想 l COM(8) TB(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。