上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

おひさしぶりです。

まだ病気がどよどよ~ん状態(苦笑)なのですが、メロディの4月号の「秘密」は読めましたので、プチ感想です。


うんとね。

今回読んでみてね。


万人に等しく、自分の持つすべてでやさしくあろうとすることと。

たったひとりのために、自分のもつすべてをかけてその存在を守ろうとするのと。

どっちが尊く、罪深いのだろうと思いました。

みんなに優しくあろうとするのは、青木の最大の長所だけど、そういう青木だからこそ惹かれるんだろうけどね。


‥‥6月号が楽しみです。


気晴らしに友人とカラオケにいきました(「カラオケいけるのに何が病気なの?」とかいわないでね。脳と心の病なので‥‥^^;)

「あるかな?」と思ったら、ちゃんとありました。

「ココロフィルム」と「煙」。

でも、「ココロフィルム」はまじめにきいてなかったので歌えなかった(だめじゃん、自分)。

そのぶん、「煙」は3回も歌っちゃいました。友人も気に入ってくれて、サビがおぼえやすくていいねと、3回目には、いっしょに口ずさんでたり‥‥。


いちばん、心にひびいたのは友人がうたった、「世界にひとつだけの花」です。

あまりにもメジャーすぎて、まじめにきいたことがなかったので、じっくり聞いてみて、今の自分の励ましになるなあと思いました。

「それぞれ特別に、自分だけの花をさかせればいいんだよ」ってのは、いまのわたしにはとってもありがたい言葉ですv


では、また。
スポンサーサイト
2009.03.25 Wed l 原作「秘密」感想 l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。