上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
えーと、書くのが遅くなってスミマセン。ちゃんと発売日にメロディ読んだんですよ。

で。

なにこれなにこれなにこれ~~~!!!!的な終わり方でvvv

薪さんがどれだけ鈴木を好きだったかがわかって、本編で彼を殺したことがトラウマになってるのがいまさらながらすごい理解できたというか。

鈴木という友達を手にいれた薪さんのあの笑顔。

泣いていいんだと鈴木の前で涙をこぼす薪さん。

薪さんが「眠らない・食べない・喋らない」の最終段階に入ると鈴木さんのギアが6速に入るという……なんて名セリフをさらっと脇役にいわせたりして、もう~~~どーすればいいの~~~vvv(ってどーしよーもないですけど)。

えらく高くついた深夜料金だけど、仏頂面の薪さんのあんな笑顔がみられるなら、多少の無理もなんのその、100%の笑顔ですものね。

薪さんにとっては、あんな親でもたった一人の父親だったのに、その彼が義理の両親を殺したという重い事実はあったものの、ひとりで背負わなくていいんだよ。と、鈴木が教えてくれたんですものね。

そうそう表紙の薪さんもカラーでカッコよかったっす。

とにかく今回の「秘密」はひさびさに読んでてよかった~vvっていう内容で、ほっとしました。

青木が鈴木レベルまで、薪さんの心の支えになってくれることを願ってやみません。

スポンサーサイト
2013.05.08 Wed l 原作「秘密」感想 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。