上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
のっけからなんですが、正直、わたし、先月号の番外編で、「秘密」はめでたしめでたしで、終わってしまったとばっかり思ってたんですね。

ハシラの清水先生の一言もそんなかんじだったし、内容も「秘密」をしめくくるにふさわしい内容だったし。

今月号のメロディは、花咲ける青少年みたさに、手にとってみたら、あらびっくり!

「秘密」が巻頭に掲載ってるではありませんか?!

うれしい誤算てのは、このことですね。

早速、読みましたヨ。

ふむふむ。

知りたかった鈴木との出会いはいつからだったのかがあきらかになりましたね。

幼馴染とか中高生からのつきあいかとか、いろいろ想像してたのとはちがって、大学生からの出会いでしたか。

しかも、薪さん若~い。

17歳だって。ウフ。

若い分、まだ、熱血しておりますね。

見ただけで、鈴木のバイオグラフィをすらすら当てるなんて、この頃からすでに、才能の片鱗をみせてるなー。

でも、鈴木に注意されて、ちょっとショック受けちゃうところなんかまだまだコドモというか、できあがってないとゆうか。

ご両親を亡くされたそうで、犯人をつかまえてやる!と。

なんだか、横溝正史ばりの、ゴムマスク人間まで、出てきておりますが。

次号が楽しみな展開でした。


っていうか、最初に書いたように、わたし、もう「秘密」は終わったものだとばっかり思ってたので、感想が書きにくいというか。

だって、前回、薪さんに幸いあれって、キメ台詞で終わったし。

このブログどうしよっかとか考えてたのに。

とまどいがあって、あんまりうまく感想書けなくてすみません。

っていうか、いま、わたし的に、花咲ける青少年が面白くて。

あらためて、本編6巻通して読んで、やっぱ力あるなあ、面白いやと思って、新作のコミックスも読んだらこれも、うまく本編とリンクしてて面白い。

「秘密」もぜひこんなふうにスピンオフ続いてくれたらなあなんて思います。

薪さんを守ってる、髪のながい女性っていうのも、あきらかになるんでしょうかね。

なんかいろいろ気になる点はあるものの、何がスピンオフの題材になるのか、楽しみにしつつ、今回の感想は終わりたいと思います。

・・・花咲ける青少年、面白いのよ、ホントに。
スポンサーサイト
2012.11.08 Thu l 原作「秘密」感想 l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://nimitugatari.blog25.fc2.com/tb.php/118-771178f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
のっけからなんですが、正直、わたし、先月号の番外編で、「秘密」はめでたしめでたしで、終わってしまっ
2012.11.16 Fri l まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。