上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・・・・・。

「フェイク」です。

「灰となりて塵となりぬ」です。


以下、ひっじょーに辛口なので、ナニ読んでも怒らないひとだけどうぞ。

あ!その前に、前回の記事や、古い記事にもぽちぽち拍手おしてくださってありがとうございます。

レビュー書く励みになります。今回、本編があんまりにもあんまりだったので、お礼を書くのを忘れるくらい、ショックうけた、みるくです。

だから、、以下は、本当に辛口です。気分を害されるかたもいらっしゃると思いますので。特に清水氏の熱烈なファンのかたなどは、注意してくださいね。



表紙にまで、「期待の新人」とあおりが載っていたので、ああやっぱり新人がはいってくるのね。これで、あのうっとおしい三角関係を打破していただいて、その新人さんと薪さんはシアワセになれるのねvと思ったのもつかのま。

女子社員の写真をみせられて、あ”そうか、女子ってこともあるんだ、ちっと思ったわたし。(しかしなんで青木は薪さん似のほうがいいんだ??)

しーかーしー。


だれもあんなベーコンの干物一歩手前みたいな新人がはいるとは思いもしませんでしたがな。

しかも36。36っつったら、薪さんや雪子と同世代だよね。36にして、あの干物・・・・。

新入社員は、鈴木似のカッコイイ青年で、青木から堂々と薪さんをうばっていくのねvvと勝手に野望をいだいていたわたしは、ページめくるたび、ことごとくはずしてく今回の「秘密」に失望の念をかくせませんでした。

まーた、あの三角関係つづけるんかい?

青木、自分の好きな人たちが仲良くしてうれしいとかって、なんかチガうんじゃない?自分でも思ってたけど。じゃあ、雪子と薪さんがそーゆー仲になっても(絶対ならないだろうけど!)、仲良くしてくれてうれしいなんて、ゆーちょーなこと思ってられるのかい?(ここらへん、いまブリチの同人バリバリ読んでるからよけいに。恋愛ってそーゆーもんじゃなかろうに)

しかも、薪さんと雪子のならんでるコマのふたりの似てること!前髪のさらりとしたところなんか、白と黒以外、まったくいっしょじゃん。これ狙ってやってるのかなあ。だとしたら、清水氏ってかなり残酷だと思いますね。ファンに対して。

プライベートな問題で検事が必要なら、それこそ、若手のホープといわれる颯爽とした青年がはいって、薪さんと新たなコンビ組んでもよさそうなものなのに。

なぜに、あの干物??

しかも、なんだか、あらたなるストレスというか火種かかえたみたいで、これ以上、「秘密」の世界に障害をふやさないでくれよーみたいな。

あとね。

これは純粋に、気になったのですが。

輝夜姫文庫本の最終巻で、被害者を子供にするのはもうやめたいみたいなことを清水氏のインタビューで載ってたんですよ。

わたしもこれは同感で、被害者が子供っていうだけで、哀れを誘うからね。

なのに、また、子供?子供が二人、被害者になってるよね。

前回も、思春期の高校生でしたし。

手法的にちょっと安易なんじゃないのかな、と(うわ、書いちゃったよ。みるく)気になりました。


今回、感想が殺伐としてるのは、この2ヶ月、新人がはいるということで、「秘密」がきっといい方向にむいてくれるだろうと期待していたのが、ことごとくはずれたので、さすがにくるものがあって、こんな記事しか書けませんでした。

正直、次回の「秘密」への期待度も、すごく低くなってしまった。

あんまりがっかりしたので、「大奥」を読むのを忘れちゃって、(立ち読みしてますので)、それもあとから気づいたけど、もういいやと思っちゃった。

「大奥」は「大奥」で楽しみにしてたのに。

なんか表紙に実写化されるとかあったような気がしたけど。

ま、いいや。どうせブリチから離れられないんだし(笑)。


そうそう、この前、ひさしぶりにかのんさんのブログいって、たくさんの小説がならんでるのをみて、あおまきすとのひとって幸せだなあと思いました。原作がままならないのが続く中で、かのんさんのところでは、たくさんの青木と薪がそれこそ、ファンの夢そのままにドラマを展開してくれているんですから。しかも、あんなにたくさんの小説が、あるなんて!あおまきすとにとっては感謝の気持ちでいっぱいだよなあと思います。かのんさんのところで、心、癒されてるひとたくさんいるんだろうなあ・・・(*^_^*)

スポンサーサイト

2009.10.28 Wed l 原作「秘密」感想 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
あああああああ・・・・!!!!!
みるくさんがこの記事をUPされてから、2ヶ月以上も立ってしまったことを、お許し下さい・・!m(_ _)m

ありがとうございます!
ありがとうございます!!
ありがとうございますうううううう!!!!!(TT)

私の創作に対して、このような、もったいないお言葉をいただいて・・涙が出ました・・・!
こんなにこんなに・・素晴らしい表現をしていただいて・・(TT)

なのに、ずっとずっとこの記述に気付きもせず、ずっと失礼を致しておりましたこと・・本当に、申し訳ございませんっっ!!!!(><)

この記事のタイトルは、拝見しておりました。
でも、実は12月号のレビューは、自分が書き終えるまでは、他の方の物を読まないようにしておりまして、タイトルだけチェックして、回れ右しておりました。

レビューが遅れに遅れ、やっと12月号レビューを仕上げたのが、11月の末。

その後は、1ヶ月以上創作をお休みしていた反動で、書きたい気持ちを押さえられず、続けていくつか創作を書いておりまして、他の方のメロディレビューを読むという、良くも悪くも精神的に大きな荷重のかかることは、後回しになり。

そうこうしているうちに、12月も後半に入り、プライベートが忙しくなるのを見越して、ブログ活動に自分で制限を設け・・等とやっているうちに、12月号レビューは、どなたの書かれた物も、まともに拝見することの無いまま、2月号発売の日を迎えてしまいました・・

いえ、言い訳は見苦しいですね。
とにかく・・

このような素晴らしい感想をいただいておきながら、これ程までに拝見するのに時間がかかったこと、本当に本当に、お詫びの申し上げようもございません!(><)

申し訳ございませんでした・・m(_ _)m

そして・・本当に本当に、どうもありがとうございました・・!!!!(つ;)

ここからは、12月号レビューについてのコメントです。

非常に辛口とありましたが、みるくさんの優しいお人柄のせいでしょうか、今回も、辛口とは取れず、とても心穏やかに拝見することが出来ました・・ああ、返す返すも、もっと早く、読みにお邪魔すれば良かった・・。

>これで、あのうっとおしい三角関係を打破していただいて、その新人さんと薪さんはシアワセになれるのねvと思ったのもつかのま。

ええ、期待致しました。
・・と申しますか、そこに願いをかけるしか、もう希望は残されていないと思いました・・。

>女子社員の写真をみせられて、あ”そうか、女子ってこともあるんだ、ちっと思ったわたし。

同じです、同じです!
いえもう、10月号からの2ヶ月間、とにかく「女子だけはやめて!」と、それだけは願っておりましたから。
(その点では、私的には、最悪の事態は免れた・・とも言えます・・)

>(しかしなんで青木は薪さん似のほうがいいんだ??)

これはちょっと嬉しかったですね♪
読者(あおまきすと)への、清水先生なりの、微妙なサービスかとも思われましたが・・

>だれもあんなベーコンの干物一歩手前みたいな新人がはいるとは思いもしませんでしたがな。

べべべ・・べーこんのひものっ!!!!
大ウケです!
みるくさんたら、なんて素晴らしい表現☆(笑)

>ページめくるたび、ことごとくはずしてく今回の「秘密」に失望の念をかくせませんでした。

そうですね・・
こんな新人だとは・・びっっくり!・・致しました(><)

これは、若い男性新人や、イケメンを持ってきたりすると、巷の読者が、すぐに発酵した物の見方をする、それを阻止する為の、清水先生の、一種の作戦かと、私は捉えてしまいました・・。
「秘密」を、萌えな目線で見ている読者が居ることを知った上で、あえて、そういった物を徹底的に排除した新人を登場させたのかと。

先生は、10月号では、薪さんのプライベートを気にする青木の様子や、薪さんと青木のツーショットを見せてくれ、ある意味、萌えを増長させるような物を提供してくれました。

ですが12月号では、「秘密」を、そんな風に読んでほしくない、新人はそういう役割ではない、事件の展開をちゃんと見てほしいのかもしれないと。

この新人では、どうあろうと、今後の青木×薪に絡む展開は期待出来ません。
参りました・・と、清水先生に頭をひれ伏すような気持ちになりました・・(T▽T)

>青木、自分の好きな人たちが仲良くしてうれしいとかって、なんかチガうんじゃない?自分でも思ってたけど。じゃあ、雪子と薪さんがそーゆー仲になっても(絶対ならないだろうけど!)、仲良くしてくれてうれしいなんて、ゆーちょーなこと思ってられるのかい?(ここらへん、いまブリチの同人バリバリ読んでるからよけいに。恋愛ってそーゆーもんじゃなかろうに)

そうです、そうです!
恋愛って、そういうものじゃない筈・・!ですよね。
私も思いました。

青木は、例えば雪子が指輪をしてくれているのを見た時、「嬉しいです」と微笑したものの、普通なら、婚約者が、自分が贈った指輪をしているのを見たら、もっと、ぱーっ・・と胸に喜びが広がる・・筈なのに、そんな様子ではありませんでした。

薪さんが嘆き悲しむ様子を見て、コンテナの少女を助けに自分が行くと言った時、婚約したばかりの雪子を、悲しませる結果になるかもしれない・・そういった懸念を、少しでも抱くことは、ありませんでした。

そして今回の、この態度・・

青木が雪子を「愛している」という気持ちに、嘘は無いのでしょうけれど。
例えば、薪さんと離れてしまうと思っただけで、知らぬ間に涙が流れているとか、薪さんが嘆く姿に、自分が全てを犠牲にしてもこの状況を救いたいと、迷わず行動に出るとか。

そういった、薪さんに対する青木の強い思いに対して、青木の雪子に対する「愛」は、何だか穏やか過ぎて、弱い物のような気がしてしまうのです・・

>プライベートな問題で検事が必要なら、それこそ、若手のホープといわれる颯爽とした青年がはいって、薪さんと新たなコンビ組んでもよさそうなものなのに。

そうですよね・・そうです・・うう・・(TT)

>しかも、なんだか、あらたなるストレスというか火種かかえたみたいで、これ以上、「秘密」の世界に障害をふやさないでくれよーみたいな。

これは私も思いました。
「期待の新人」では、なかったことは、ともかくも、とにかく、薪さんをこれ以上困らせる要因に、なってほしくはないと。
それだけは切に願います。

続いて、最新記事へのコメントをこちらに書かせていただきます。

>いつのまにか、このブログが、一万を超えていました。

一万hit、おめでとうございます!!!!(^^)

みるくさんの、細やかな感情の込められた、それでいて公平な目線で、そして全体に流れる優しい語り口の文章のファンが、私だけでなく、沢山いらっしゃる証拠ですね!

私の創作に癒される人が居る・・と、もったいなくも、嬉しいお言葉をいただきましたが、みるくさんのこのブログに、みるくさんのお書きになる文章には、本当に心が癒されます。
初めて拝見した時から、それは今も変わりません。

みるくさんのブログに出会えて、幸せです。

>それだけ薪さんへの救いをもとめているのが裏切られ続けているからだと思います。鈴木を殺した薪さんが幸せになるのは、人として許されざる行為なのかもしれないけれど、どこかで、かれを、もう一度心から笑えるひととめぐり合わせてほしいものだなあと思います。仮面をかぶりつづける人生だけでは寂しすぎますから。

この文章に・・泣けました・・(TT)
本当にそのとおりです。
本当に、そのとおりです・・!

社会復帰に向けての準備に入られたとのこと。
環境の変化は、心身に大きな影響を与えることと思います。

いつも、みるくさんの文章に、癒され、救われるばかりで、私からは何も出来ないことが、本当に申し訳なく、はがゆいのですが・・。
みるくさんにとって、この変化が、良い方向に向かいますように。
心よりお祈り致しております。

最後になりましたが、新年、明けましておめでとうございます。
おととしにこちらにお邪魔して以来、昨年も、大変お世話になりました。

みるくさんにとって、今年が良い年になりますように。

寒い日々が続きますが、風邪など召しませんよう、お体にお気を付けて、お過ごし下さいませ。

長くなってすみませんでした。
どうか、レスは気になさいませんよう、お願い致します。
2010.01.02 Sat l かのん. URL l 編集
お元気そうでなによりです。
かのんさん。おひさしぶりです。丁寧なコメント本当にありがとうございます。また、こちらこそ、新年早々ごあいさつをいただいておきながら、お返事が大変遅くなりまして申し訳ございません。

>これは、若い男性新人や、イケメンを持ってきたりすると、巷の読者が、すぐに発酵した物の見方をする、それを阻止する為の、清水先生の、一種の作戦かと、私は捉えてしまいました・・。
「秘密」を、萌えな目線で見ている読者が居ることを知った上で、あえて、そういった物を徹底的に排除した新人を登場させたのかと。


うーむ、なるほど。でも、あえて、そうするならば、あの話はなんだったのかな、と思います。ファンが勝手に妄想して、あおまきvvにするのと、作者があおまきを原作で書いてしまうのとでは、作品として天と地ほどに差が出てしまうと思うんですよね・・・。あの話さえなければ、逆に素直にあおまきすとになって、きゃーきゃーいえてた部分があると思うのに。下手に原作に盛り込んだばっかりに、逆に気をもませる結果になってしまったと思うのです・・・。そういう目でみられたくないのなら、あの話は描かないでほしかったな、と。

かのんさんのブログの小説は、ホントにままらならぬ原作で、鬱蒼としているあおまきすとの心の支えになってると思います。読み応えもあるし、きっと更新を楽しみにしてらっしゃるかたが大勢いるのではないでしょうか?そんな作品を生み出されていく、かのんさんを本当の素敵だな、と尊敬しておりますvv

社会復帰は、ま、とりあえず、いったんお休みしております(苦笑)。あわてても、また、もとにもどってしまうので、おいおいすこしずつ、やっていければいいなあと。時節柄、寒暖の差が激しいですが、お体にお気をつけて。
2010.02.17 Wed l 野々宮みるく. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://nimitugatari.blog25.fc2.com/tb.php/77-787ab270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。